冬花火に合わせ道南遠征1泊2日の旅。

今回の道南遠征は年明けから計画したメーンは冬花火に食べ歩き秘湯・名湯巡りが目的の車中泊旅。当初は、通年営業の新しいキャンプ場泊の予定でいましたが夜は花火がありキャンプ場に戻っても寝るだけになってしまうし、第一に宿泊地を決めてしまうと動きに制限がかかってしまうので予約していたキャンプ場をキャンセルし何処かで車中泊に変更、これが正解でした。無駄もなく意外にも最大660円のTimesでの車中泊。花火観戦が終われば駐車場もほぼ車がいなくなり、朝、起きた時点では我が家の車も含め5台ほど。函館駅の隣でいながら静かに目覚めるまで爆睡する事が出来ました。我が家は我々が無駄と思うお金はケチり、食べ歩きや温泉費用は惜しまずって感じで行動してます。だからと言って毎日こんな生活は出来ませんので日々も無駄は省く生活をしています。

出発は朝5時を予定し、途中森町の濁川温泉で朝風呂に入るが予定の1。私の仕事柄高速道路を常に走っているのでプライベートは下道です。高速では景色や走りにも退屈し眠くなるのてその分の費用は食べ歩きに回す。下道のストレスは早朝や深夜の出発が通常となり時間短縮にもなってます。この日も日帰り温泉の始まりが9時だったので予定通り9時に到着し貸切状態で入浴出来ました。

ここも温泉掛け流しで飲用も大丈夫と言うマグネシウム泉、慢性的な便秘にもいいとの事で飲んでみましたが風呂上がり車に戻った頃にはお腹が今までに聞いた事のないようなゴロゴロ、夜にはスッキリと便秘が解消されました。

温泉の後は同じ森町でパン(おおば製パン)と大沼団子(沼の家)を購入、山川牧場でカップソフトを食べ函館市内の久し振りに塩豚でランチ。

遅いランチの後は花火観戦までの時間潰し。近くの熱帯植物園に行ってお猿さんの入浴を眺めたり車中泊地の下見をしたりと夕方になり、現地集合だったカヌー仲間夫妻と回転寿司函太郎で落ち合い、早めの夕食を終えて宿泊地の駅横のTimesに駐車しそれぞれ自由行動で花火観戦。我が家は時間があったので歩いて駅横から元町散策をし冬花火を見物。歩いて駐車場へと戻り、盛りだくさんのスケジュールに疲れ朝まで爆睡しました。こんなP泊は今までの我が家では考えられない行動、しかしやってみると無駄がなく、近場には駅横やコンビニ・公衆トイレもあり食べ歩きにも近場に何でもあり、とても便利な場所だと新発見出来ました。また深夜の車の騒音など気になりましたが、冬って事もあるかも知れませんが花火が終わった後にはほぼ車もなくなり音で目覚める事もなく、朝食を車中で食べ6時過ぎには温泉に向かい車中泊地を後にしました。

初日のスケジュールが多かったので冬花火からは二日目と一緒にアップします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です