今シーズン初となる川遊びとコロちゃんの散骨。

コロナウィルスの自粛期間に移動自粛も解除された週末、我が家の行く所は、三密が問題になるような場所には行く事はないので全く普通なんですが、世間的に刺激を与えるような行動は慎むべきと考える我が家は自粛期間であってもDIYや自宅の庭でピザを焼いたりと、まぁ~普段よりはDIYに取り組む時間が長いかなぐらいでした。またどうしてか千歳川に行く機会も無くオフシーズンに入ってしまい一番コロとの思い出が多い千歳川が最後の散骨の川となり流れのないまなぶに僅かばかりの骨を散骨して来ました。

仕事の方も徐々にではありますが増えているように思えます。自粛期間中は土曜日にはまず無かった仕事も入り予定していた事も出来ずでした。日曜日には原付を積んで我が家だけてと思っていましたがカヌー仲間に連絡するとその仲間も行く予定だったらしく急遽、時間を合わせ一緒に川下りをする事となりました。この日は過去にないぐらい水量が少なくライニングダウンする場所もある程でしたが久し振りの千歳川、やっぱり都会に近い素晴らしい清流でした。

9時過ぎにゴールし車の回収・片付けを終えても10時前、この日は父の日、例年だと両親を誘っての食事なんですが両親共に足が弱り外食も大変そうなので私達だけでお気に入りの札幌北区の蕎麦のなみ喜さんで食べ、両親にはテイクアウトでお届けとし自宅で食べてもらいました。

実家から戻ってもまだまだ休日は続きます。早朝行動はやっぱり三文の得以上です。以前から手を掛けたかった家内の舟のメンテナンス、舟の鼻っぱしらが凹み、ガンネルのリベットも多数浮いた状態になっていたので、リベットを打ち直しエポキシ材で盛った材をサンダーで削り私の仕事は終了、後は家内がコンパウンドで船体の汚れ落としと磨きを掛けて本日の有効な休日を終えたのでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です