釧路川一泊二日完結編、川旅二日目(標茶スガワラ~アレキナイ川鉄橋下~細岡・約14キロ弱)

二日目も早朝5時半集合で朝一のショートコース標茶スガワラ~アレキナイ川鉄橋下まで約4キロ弱。ここでの目的は野生動物との出逢い。見られる動物はタンチョウヅル・蝦夷シカの群れ・オジロワシ・オオワシ・野生化したミンク等でこの日逢えたのは、オジロとオオワシ以外は予定通り全て見られました。特に珍しいのがタンチョウヅルの親子でした。普通はヒナは一羽なんですが、このつがいにはヒナは二羽で過去には見た経験がありませんでした。

今回は時間の制約もあり車中泊に食事は全て外食。この少ない時間でこのプランだとこうなってしまうのはしょうがありませんが、なかなか楽チンで充実した一泊二日の川旅が出来て良かったです。が、やっぱりキャンプ道具を積んでキャンプをしながらゆっくりと余裕の川旅がしたいもんです。

スガワラ~アレキナイ川鉄橋下まで下った後はS澤さんが泊まったとうろの宿に戻り、朝食タイムです。一度早朝漕ぎをしゆったり朝食。S澤さんのもぉ一つの目的、ここのオーナーはメジャーロックバンド、レッドウォリアーズのベーシスト小川清史さんの宿で清史さんに会う目的を果たすべく朝食をここでとるプランを立てました。S澤さんもバンドをやっておりバンド仲間からも清史さんの話しを聞いていたようで機会を作って会ってみたいと思っていたようです。

朝食の後はアレキナイ川鉄橋下~天気も曇り予報からどんどん青空が出始め、風も全くない状態に風がないうちに早く下ってしまいましょう。

アレキナイ川の釧網線の鉄橋下から本流へ向かいます。(合流点)

草むらの中に茶色の毛のヒナが二羽隠れています。

この頃からどんどん青空に代わり晴天にはなりましたが風がまた少しずつ出て来ました。

川旅終了後はまるひらさんのラーメン。最近仕事中は極力外食をしないようにしているので久しぶりの釧路ラーメンは、魚出汁であっさり、やっぱりうま~い!(100円値上がりしたかな?)麺はちぢれ細麺で常連さんは女性でも大盛りを頼む方が多いです。(男性なら普通盛りは少ないです)時間も早いし帰りも下道で行くつもりでいましたが仕事が入り、貧乏性の私は受けてしまったので清水~夕張まで高速で帰りました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です